Pithecanthropus Erectus 直立猿人/Charlie Mingus Jazz Workshop

奇才チャーリー・ミンガスアバンギャルド全開の名盤です


直立猿人

 

原題は「Pithecanthropus Erectus(ピテカントロプス・エレクトウス)」

邦題は「直立猿人」です。

 

1950年代始めころからチャーリー・ミンガスをリーダーにしたワークショップが行われていたようです。ジャズの勉強会ですね。

当時はビバップ・ジャズが全盛時代でしたが、ミンガスやミンガスを慕う若手先鋭ミュージシャン達はもっと新しいジャズをもっと革新的なジャズをと研究し挑戦し続けていました。コンサートを行いそして満を持して録音されたのがこのアルバム「直立猿人」です。

 

1曲目のアルバムタイトルでもあるPithecanthropus Erectus(直立猿人)はまさに革新的な音楽です。

どこまでがアレンジされたものかどこまでがアドリブなのかわからないほどに自然な流れを感じます。まさにアバンギャルド(前衛、革新的)な音楽です。

この曲には「進化」「優越感」「衰退」「滅亡」という4楽章からなるストーリーがあるそうです。

猿から「進化」して、人となって頭脳を持ち知恵をもち、他の種族への「優越感」から傲慢になっていき、そして「衰退」し、そしてやがて「滅亡」する、という意味でしょうか。

壮大なメロディーの部分、アドリブの部分、そしてキメの部分も多々あります。またご機嫌にスイングするビバップ・ジャズの部分もあり、前衛的な部分も垣間見えます。

そしてそのすべてに統一感があり自然の流れが感じられます。

身をまかせて聴くとなんとも穏やかな気持ちになれます。

 

2曲目のA Foggy Day(霧深き日)では突然都会の雑踏の音から始まります。霧の深い都会の景色でしょうか、2人のサックスの音を自動車のクラクションのように聴かせて想像力をかき立てます。もしかしたら自動車の排気ガスを霧になぞらえているのかもしれませんね。

やはりこの曲もビバップ・ジャズのご機嫌な部分もあり前衛的な部分もありです。

 

全体の主導権はもちろんチャーリー・ミンガスがとっているんですが、ミンガスの意思をメンバーが完璧に理解して演奏していることがよくわかります。ワークショップ(勉強・研究会)の延長ということなんでしょうね。綿密に計算された部分とその場の空気を大切にしたアドリブの部分のバランスが最高に心地いいです。

 

このアルバムはとにかく素晴らしい世界へ連れて行ってくれます。

まさに元気の出る至極のジャズの名盤の一枚といえます。

 

購入サイトへ

 

曲目

1. Pithecanthropus Erectus
2. A Foggy Day
3. Profile Of Jackie
4. Love Chant

 

[ Recording 1956 Atlantic  ]

 

演奏メンバー

Chalie Mingus(b) 

Jackie Mclean(as) 

J.R.Monterose(ts) 
Mal WaldronMAL(p) 

Willie Jones(ds) 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

購入サイトへ